このブログを検索

2014年9月24日水曜日

〔沖縄県知事選〕喜納昌吉候補が「辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回する」と公約(本人が明言)

☆喜納元参院議員が出馬会見=沖縄知事選
(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00000106-jij-pol

https://web.archive.org/web/20140924080849/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00000106-jij-pol

争点となる米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について、当選した場合、移設の前提となる沿岸部の埋め立て承認を撤回する考えを示した。



《歴史メモ》

☆ええじゃないか

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%88%E3%81%88%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8B#.E6.AD.8C.E8.A9.9E

岩倉具視の岩倉公実記によると、京の都下において、神符がまかれ、ヨイジャナイカ、エイジャナイカ、エイジャーナカトと叫んだという。八月下旬に始まり十二月九日王政復古発令の日に至て止む、とあり、明治維新直前の大衆騒動だったことがわかる。また、ええじゃないか、の語源は、京の都下で叫ばれた言葉であったようだ。

歌詞は各地で作られ、例えば「今年は世直りええじゃないか」(淡路)、「日本国の世直りはええじゃないか、豊年踊はお目出たい」(阿波)といった世直しの訴えのほか、「御かげでよいじゃないか、何んでもよいじゃないか、おまこに紙張れ、へげたら又はれ、よいじゃないか」(淡路)という性の解放、「長州がのぼた、物が安うなる、えじゃないか」(西宮)、「長州さんの御登り、えじゃないか、長と醍と、えじゃないか」(備後)の政治情勢を語るもの、などがあった。



ブログ アーカイブ