このブログを検索

2014年9月22日月曜日

【原発事故と政府広報】学童疎開ではなくマスコミ懐柔やプロパガンダに「1億円」が流れた

☆放射線影響、政府広報 1億円で「安全」強調
(東京新聞・特報部)
http://www.asyura2.com/14/genpatu40/msg/416.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 22 日


やり玉に挙がったのは8月17日付朝刊に掲載された政府広報だ。朝日、毎日、読売、産経、日経の全国5紙と福島県の地元紙の福島民報、福島民友の2紙に掲載された。翌日は夕刊フジにも出た。




《アーカイブ》

☆いくら使った? 被災地元紙を沈黙させた「政府広報」の威力
(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo162/msg/662.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 11 日

安倍首相が被災地視察のために福島県入りしたまさにその日(8日)、地元紙の「福島民報」「福島民友」の朝刊に“福島県の皆さまへ”と題する政府広報がデカデカと掲載された。

内閣府によると、この政府広報は「内容こそ若干違うが、被災3県(岩手、宮城、福島)のすべての地元紙に出稿した」という。予算については「担当者不在」との理由で聞けなかったが、相当な金額だと予想できる。

すると、いつもは復興に批判的な記事が目立つ福島の2紙が、この日はさすがに沈黙してしまった。



《歴史メモ~明智光秀は本能寺の変の直後に、当時の「世論の醸造者」である知識人たちに多額の献金(寄付)をしている。これは「世論対策」であったと思われる》

☆中国大返し

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E8%BF%94%E3%81%97#.E6.B4.B2.E6.9C.AC.E5.8D.A0.E9.A0.98.E3.81.A8.E5.B0.BC.E5.B4.8E.E5.88.B0.E7.9D.80

この間、光秀は近江方面の攻略が一段落した9日、勅使下向の返礼と称して安土より上洛した。光秀入京の際には公家や町衆が群がって出迎えたといわれる。

光秀は吉田兼見を通じて朝廷に銀子500枚、京都五山・大徳寺などをふくめると700枚の銀子を献上、さらに上京・下京に対し地子銭免除の特典を発し、新たな天下人として振る舞った。

やきとりのいない八月(当ブログの後継ブログ)

飛び地A(当ブログのスピンオフ・ブログ)

ブログ アーカイブ

PressTV (イラン)

telesurenglish.net(南米)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)