このブログを検索

2013年10月7日月曜日

原発事故が起こるとなぜか「りんご病(伝染性紅斑)」も流行しているのだが

※チェルノブイリ原子力発電所事故は、1986年4月26日に発生。

「伝染性紅斑は主として小児のかかる発疹性疾患である。1986~87年の全国流行でも,患者の多くは15歳未満であった。」
http://idsc.nih.go.jp/iasr/CD-ROM/records/12/13706.htm




☆妊婦感染のリンゴ病で流産、死産 11年に49人、初の全国調査
(共同通信)

http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013100501001439.html

頬や体が赤くなり、風邪のような症状が出ることもある伝染性紅斑(リンゴ病)に妊娠中にかかり、胎児に感染した女性が2011年に69人確認され、うち約7割の49人が流産、死産していたことが厚生労働省研究班の全国調査で5日、分かった。

ブログ アーカイブ