このブログを検索

2012年7月30日月曜日

脱原発国会包囲デモで「脱原発派の民主党議員」にも罵声が飛んだ


[タグ]川内博史。首藤信彦。


岩上安身(ジャーナリスト)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/229629595467542528
小沢グループが抜けたあとも、民主党内には、原発の維持推進に慎重な姿勢の議員は何人もいる。今日も須藤信彦議員、川内博史議員が国会正門前に来て演説していたが、「民主党の議員」というだけで野次やブーイング、帰れコールまで浴びせられていたのは気の毒だった。



☆再稼働反対叫び国会包囲 民主党議員に「帰れコール」
(田中龍作ジャーナル)

http://tanakaryusaku.jp/2012/07/0004798

「民主党が再稼働させたんでないの!」。川内博史衆院議員に詰め寄る福島県富岡町出身の女性。

(略)

民主党の首藤信彦衆院議員(神奈川7区)がスピーチを始めたが、怒号が飛んだ。「原発推進の政党が何を言うか」。

福島県富岡町出身の女性が追討ちをかける。「選挙の時だけイイこと言ってんじゃないよ」。怒号は「帰れコール」となった。

民主党の「原発事故収束PT」の事務局長として、仙谷由人政調会長代行ら執行部に睨まれながらも脱原発に向けて奮闘する川内博史衆院議員でさえ、須藤議員同様に怒号の厳しい洗礼を浴びた。

双葉町から東京港区に避難した女性(60代)が「福島に帰して下さい」と、川内議員に詰め寄る一幕もあった。

             ↓

Quelle heure est-il?
https://twitter.com/CUHKyyamada/status/229565581907611648
あの、川内博史衆院議員(民主)にも帰れコールが浴びせられるのだから、執行部系の民主党員は推して知るべしだろう。半殺しにあうだろう。民主党に明日は無い。


三宅雪子(国民の生活が第一)
https://twitter.com/miyake_yukiko35/status/229569597714604032
残ったとはいえ民主の中で闘っており、しかも実績も上げている方に・・・。私はいたたまれなかった。あの場に来たら推進派議員は恐ろしさに震え上がるでしょう。何しろ10万近く(以上)の人が敵なんですから。選挙の前に来てみて民意とはなんたるかを知るべき。

ブログ アーカイブ