このブログを検索

2012年7月31日火曜日

「B層」の取り込みができなければ脱原発もできないと思われる


blackmarmite(原発反対)
https://twitter.com/BlackMarmite/status/229738544418156545
原発反対の人々は、Twitterで原発反対の人だけをフォローする。デモに行けば同じ考えの人だけが集まっている。全ての人々が原発に反対していると思い込む。ところが現実はそんなに甘くない。世論を支配するのは、テレビが伝えることを自分の意見だと思い込む、かつて「B層」と呼ばれた人々だ。


il gatto
https://twitter.com/ShionKiwi/status/229740098286129153
でこのB層はまた大変頑固で屁理屈好きときている。始末に負えない。


blackmarmite(原発反対)
https://twitter.com/BlackMarmite/status/229817226629365760
テレビと異なる考えを持てないのですね。




《日本におけるテレビは、デルフィ神殿に匹敵する強大な影響力を有する》

☆デルポイ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%82%A4

史実において有名なデルポイの神託には、ヘロドトスの『歴史』が伝えるアテナイへの二つの神託がある。ペルシア戦争時にアテナイは初め滅亡を暗示する神託を得たのち、再び使者を立て、以下の神託を得た。


されどアイギス保つゼウスの御娘は、木の壁のみを守りとてアカイア人に与え給う。
— ヘロドトス『歴史』


これをアテナイ市街を焼き払って当時は木造の壁に守られていたアクロポリスに籠城すると解釈するものがあったが、テミストクレスは「木の壁」を船を指すものと解釈し、三段櫂船を造らせて、サラミスの海戦にペルシア軍を破った。

またソクラテスの友人はデルポイで「ソクラテスより賢い人間はいない」という神託を得てその哲学的探求を促した。この神託に疑問を持ったソクラテスは、当時知者とされた人々を訪ねて回った。その結果、「知っていると思っている」人ばかりがいることを見出し、真の知者はいないが「知らないと思っている」(無知の知)という点でわずかに自らがそれらの人々より賢いと思うに到ったと、プラトンの『ソクラテスの弁明』などの古代の証言は伝えている。



☆アレクサンドロス3世

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B93%E4%B8%96

紀元前332年、エジプト人に解放者として迎え入れられたアレクサンドロスはファラオとして認められ、「メリアムン・セテプエンラー」というファラオ名を得て、アメン神殿にその像を祭られた。彼は少数の部隊を率いて西部砂漠のシワ・オアシスにあるアメンの聖地に行き、ここで自らをアメンの子とする神託を得た。また、その後ナイルデルタの西端に都市を建設したが、これが現在のアレキサンドリアの起源である。



ブログ アーカイブ