このブログを検索

2016年11月27日日曜日

ユダヤ人の子供たちをナチス圏から脱出させた人物のドキュメンタリー映画が日本公開

※ サー・ニコラス・ジョージ・ウィントン(Sir Nicholas George Winton、1909年5月19日 - 2015年7月1日)は、大英帝国勲章(MBE)の叙勲者。第二次世界大戦がはじまる直前、ナチスドイツによるユダヤ人強制収容所に送られようとしていたチェコのユダヤ人の子どもたちおよそ669人を救出し、イギリスに避難させるという活動、別名チェコ・キンダートランスポートという活動を組織したイギリス人。近年では「イギリスのシンドラー」ともいわれる。
1938年のクリスマス休暇に彼はスイスにスキーに行く予定をしていたが、イギリスのチェコ難民委員会の女性から、ドイツのチェコ進攻の予想とそれに対する難民の救出活動で人手が足らないという連絡を受けた。
スイス行きを取りやめてプラハに向かった彼は、成人の救出で手いっぱいで子どもの救出に手が回っていないことを知るや、イギリスにとって返し、内務省の許可を得て、イギリスで子どもたちの里親や身元引受人を探し、子どもたちをイギリスに避難させる一大キャンペーン活動を開始した。
イギリス政府が行ったドイツからのキンダートランスポートと比べて、このチェコからのものは、組織的な資金が得られず、そのため公的な機関であるかのような団体名を名乗ったり、危ないこともして、時には子どもの出生日時を偽装するようなこともして子どもたちの救出のために奔走した。
1939年3月14日から8月2日までの間に、669名の子どもたちをチェコから脱出させることに成功したが、次の9月3日に出発予定だった250名の子どもたちは出国できなかった。



映画『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』予告編
https://youtu.be/IBEYS79Qaaw


映画『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』日本版ホームページ
(注:アクセスすると音が鳴る)
http://nicholaswinton.jp/ 



忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ

ロシアRT - Daily news

France 24 - International News

PressTV(イラン)

teleSURtv.net(南米)

Channel NewsAsia Front Page News(シンガポール)

TVC News(ナイジェリア)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)