このブログを検索

2013年11月19日火曜日

〔野党再編〕民主党右派と維新橋下系とみんなの党(反主流派)が「新党結成」の動き

☆民主・維新・みんな 安全保障の勉強会 (NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131118/k10013130111000.html

https://web.archive.org/save/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131118/k10013130111000.html

民主党、日本維新の会、みんなの党の中堅・若手議員が、新たに外交や安全保障に関する勉強会を発足させることになり、野党再編も視野に、連携の機運を高めるねらいもあるのではないかという見方が出ています。

               ↑

★現代の日本では「超保守・復古・超タカ派」が大衆にウケることを見抜いた動き。



《ヘルマン・ゲーリングの言葉》

もちろん、国民は戦争を望みませんよ。運がよくてもせいぜい無傷で帰ってくるぐらいしかない戦争に、貧しい農民が命を賭けようなんて思うはずがありません。一般国民は戦争を望みません。ソ連でも、イギリスでも、アメリカでも、そしてその点ではドイツでも同じことです。

ですが、政策を決めるのはその国の指導者です。

…そして国民はつねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。

国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです。

このやりかたはどんな国でも有効ですよ。

やきとりのいない八月(当ブログの後継ブログ)

飛び地A(当ブログのスピンオフ・ブログ)

ブログ アーカイブ

PressTV (イラン)

telesurenglish.net(南米)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)