このブログを検索

2016年6月17日金曜日

【男子バレー】日本代表チームは「海外遠征(出稽古)」の不足がそのまま低迷につながっているようだ

☆男子バレーが五輪を逃した敗因…「リベロ制は日本に不利」と川合俊一氏 (「週刊新潮」 2016年6月16日号 掲載)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160617-00509567-shincho-spo

http://www.webcitation.org/6iJjkbH2Z

「ブロックの高さでは敵わないので、拾うしかない。3人でサーブレシーブをして、取れなかったら4人に増やす。速さに目を慣らすために、外国へ出かけてどんどん試合をすべきです」




《おまけ》

☆稽古 ~ 見取稽古

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%BD%E5%8F%A4#.E8.A6.8B.E5.8F.96.E7.A8.BD.E5.8F.A4

土俵には2人しか上がれないのでそれ以外の力士は土俵を囲んで稽古を見ていることになる。他人の稽古を見てその良し悪しを自分で分析することも稽古になると言う意味でこの言葉が存在する。申し合いで負けて土俵の外に出た力士や、なかなか順番が廻らない力士はこれをいかに行なうかが重要になる。

土俵には2人しかあがれないという点の対策として、元横綱照國の伊勢ヶ浜は伊勢ヶ浜部屋に土俵を二面作り話題になったが、「見るのも稽古のうち」という見解も強く、主流にはならなかった。

当ブログのスピンオフ・ブログ「スピカ」

当ブログのスピンオフ・ブログ「飛び地A」

忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ

ロシアRT - Daily news

France 24 - International News

PressTV(イラン)

teleSURtv.net(南米)

Channel NewsAsia Front Page News(シンガポール)

TVC News(ナイジェリア)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)