このブログを検索

2015年10月28日水曜日

【疾病】福島県の浜通りで「RSウイルス」の患者が急増している

☆RSウイルス注意を 流行早く、福島県の浜通りで患者急増
(福島民友新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00010004-minyu-l07 

http://www.webcitation.org/6cbub0HMG

例年11月から1月にかけて流行するが、今年は1カ月ほど早く、特に浜通りで患者数が急増しているという。




《チェルノブイリ原発事故後に「肺炎」「気管支炎」が大流行》

161 名前:名無しに影響はない(栃木県)
投稿日:2012/09/26(水) 12:37:18.52 ID:meDD2/Jv

(注:PDF)
http://www.tucradio.org/Yablokov_Chernobylbook.pdf


5.4. 免疫系疾患. p.87

Clinically, infections prevailed; frequent acute respiratory virus infections (ARV),bronchitis, pneumonia, otitis, and purulent infections of the mucous membranes and skin.

臨床的には、頻繁な急性呼吸器ウイルス感染症(ARV)、気管支炎、肺炎、中耳炎、および粘膜や皮膚の化膿性感染症の感染が流行した。



5.5. 呼吸器系疾患. p92

In the contaminated territories there is a marked increase in the incidence of both acute pneumonia and chronic broncopulmonary pathology,expressed as bronchial asthma and chronic bronchitis.

汚染された地域では、気管支喘息と慢性気管支炎で示される慢性の気管肺等疾病と急性肺炎の両方の発生率の著しい増加があります。

In the first years after the catastrophe broncopulmonary illnesses were accompanied by moderate immunological changes and latent functional impairment;10 to 15 years later the findings are pneumonia and lung scarring
(Terletskaya, 2002, 2003).

事故後最初の年では、気管支の病気は、中等度の免疫学的変化と潜在的な機能障害を伴っていた;10から15年後の所見は肺炎や肺瘢痕があります
(Terletskaya,2002, 2003)。


チェルノでは肺炎が派手に流行したみたい。



当ブログのスピンオフ・ブログ「スピカ」

当ブログのスピンオフ・ブログ「飛び地A」

忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ

ロシアRT - Daily news

France 24 - International News

PressTV(イラン)

teleSURtv.net(南米)

Channel NewsAsia Front Page News(シンガポール)

TVC News(ナイジェリア)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)