このブログを検索

2012年4月22日日曜日

〔千葉県の劣化ウラン〕大震災後に出された「安全宣言」に疑問の声


チッソ石油化学株式会社 五井製造所
劣化ウランを含有する触媒の保管状況について

2011年07月08日

http://www.jnc-corp.co.jp/news/11070840.html

(前略)
なお、劣化ウラン含有触媒は鋼製ドラム缶33本に収納しており、当該ドラム缶からの劣化ウランの漏洩等の異常はなかったことを文部科学省担当官立会いの上で、放射線量測定によって確認しております。


                   ↓

622 :地震雷火事名無し(北海道):
2012/04/22(日) 15:11:56.95 ID:ynRLODvC0
素朴な疑問なんだが、放射線量測定によって確認できるものなの?



625 :地震雷火事名無し(大阪府)
:2012/04/22(日) 15:13:14.78 ID:T/qu0SsB0
できないw



826 :名無しさん@12周年:2012/04/22(日) 15:15:49.91 ID:891f3Csu0
ドラム缶から放射線が漏れていないことを確認しただけであって
ドラム缶にホントに劣化ウランが入っているかどうかは確認されてないわけだ



833 :名無しさん@12周年:
2012/04/22(日) 15:21:27.23 ID:CtXN20NP0
つまり、既に劣化ウランが吹っ飛んでいたなら
ドラム缶の周りを測定しても無意味ってことだね?



Portirland
https://twitter.com/#!/Portirland/status/193962619869208576
検査のプロセス気になりますね。そもそも、数百本・数千本の危険な日本中のドラム缶の中身を定期的に、確認するのは困難と思うわけです。



Portirland
https://twitter.com/#!/Portirland/status/193963371895332864
昭和47年から保管な訳ですしね。つまり、保管状態・新施設の対抗性・防火設備。少なくともこの三点に言及が皆無です。





759 :名無しさん@12周年
:2012/04/22(日) 14:36:03.18 ID:GLsZVPoc0

311の千葉のコスモ石油精油所ではこんな状況だったらしいね。

(週間朝日)
http://www16.plala.or.jp/chemicaldays/jishin/110823rekkauran.html

 鎮火に10日を要する大火事の炎は隣のチッソ石油化学へ延焼し、保管倉庫を焼いた。その倉庫に保管されていたドラム缶33本は辛うじて難を逃れたが、ドラム缶の中には総量765キログラムの金属が入っていた。
 その金属とは。
 劣化ウランだった。
 消火にあたった消防署員はこう話す。
「ガス濃度が高く、現場に人れたのは鎮火後でした。保管倉庫はほぽ全焼で、ドラム缶を囲う鉄板は変形し、コンクリートは変色していました。ドラム缶の上には、焼け落ちた倉庫の屋根の破片が落ちていました」
 もし、劣化ウランが燃えたら、どうなったのか。
「劣化ウランは燃えやすく、粉塵になる。吸い込むと粒子が気道に沈着し、アルファ線が細胞を破壊する。もし免疫細胞が破壊されると、人体に重大な影響を与える」(劣化ウラン研究会の山崎久隆代表)
「劣化ウラン弾が燃えた後には、直径1マイクロメートルの微粒子に1兆個の原子がある」(矢ケ崎氏)
 ドラム缶に火が燃え移るか、焼け落ちた屋根がドラム缶を突き刺していたら、燃焼でウランの微粒子が飛び散り、風に乗る。首都圏を中心に、取り返しのつかない放射能汚染をひき起こしていたことは間違いない。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



〔写真〕千葉コンビナート爆発直後に「キノコ雲」のような形状の炎が

http://plaza.rakuten.co.jp/hiro2639/diary/201104160000/

303 名前:名無しさん@12周年[sage]
投稿日:2012/04/22(日) 04:33:36.86 ID:ethBjkBx0 [7/7]
311の千葉コンビナートじゃね?という説が


323 名前:名無しさん@12周年[]
投稿日:2012/04/22(日) 04:36:46.30 ID:JhG+aMRf0
見た事ある画像なので、それで間違いない。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


▼史料~昨年3月12日、千葉の「劣化ウラン保管施設」への延焼▼


道人
https://twitter.com/#!/ambitiousreo/status/187200752769433600

原子力対策本部の報告書(12日 15P 文部科学省の項)にも「延焼の恐れあり」とはっきりと書いてある。

(注:PDF)
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/pdf/201103122050.pdf



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


▼〔史料〕昨年3月12日、千葉の「劣化ウラン保管施設」が火災▼


2011年3月12日
コスモ石油株式会社コーポレートコミュニケーション部 広報室

http://www.cosmo-oil.co.jp/information/110312/

千葉製油所関連のメールにご注意ください


本日、「コスモ石油二次災害防止情報」と言うタイトルで不特定多数の方にメールが配信されております。

本文には「コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降る」と言う記載がありますが、 このような事実はありません。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


yukka(昨年7月3日)
https://twitter.com/#!/yukka0101/status/87343320971493376
「雨に濡れるな」メールは本当だった…


三木朋子(昨年7月3日)
https://twitter.com/#!/neko_tomo/status/87421478890516480
あの時の緊急拡散メール…きっと発信は真実を知っていたひとだったんですね




☆劣化ウラン保管施設も延焼  コスモ石油のガスタンク火災で
(昨年7月1日の千葉日報)

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1309498977

http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/715.html

6月千葉県議会は30日、総務防災と総合企画水道の2常任委員会が開かれた。総務防災では、東日本大震災で発生したコスモ石油千葉製油所(市原市)の液化石油ガス(LPG)タンク火災・爆発に伴い、隣接する劣化ウラン保管施設も延焼していたことが明らかになった。放射性物質の漏えいはなかったとしている。


【総務防災】県消防課は、同製油所のガスタンクの火災・爆発事故で、隣接するチッソ石油化学の劣化ウラン保管倉庫の屋根が焼け落ちていたことを明らかにした。

同課によると、同倉庫は「核燃料使用事業所」として国の許可を受け、ガス製造用の触媒として使われる劣化ウラン765キログラムが保管されており、放射性物質が0・3%含まれていた。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


《この件、阿修羅掲示板では昨年5月27日から話題となっていた》


☆コスモ石油デマの真相
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/797.html
投稿者 しょうがゆ 日時 2011 年 5 月 27 日 13:55

地震発生直後に出回った「コスモ石油から有害物質が発生するため首都圏の人は雨にあたるな」というデマ(ということになっている)ですが、真相はコスモ石油の隣にあるチッソ石油化学に保管されている劣化ウランへの延焼を懸念するコスモorチッソ石油化学の内部の人間が流した真実の情報であったようです。

「単なる震災デマ」として、見過ごすことの出来ない事実です。

地震発生日に、チッソ石油化学は政府へ通報しています。


首相官邸ホームページ・下記pdf75ページ
(注:既にデッドリンクとなっている)

以下引用


3月11日22:50
核燃料物質施設である千葉県市原市のチッソ石油化学株式会社五井製造所より、隣接するコスモ石油千葉製油所における火災が、同事業所内の核燃料物質(劣化ウラン)の保管施設に延焼する恐れがあるとの連絡あり


3月12日02:16
地元消防による消火活動により、鎮火確認。劣化ウランは不燃物質であり、不燃性壁に囲まれた倉庫に保管されているが、倉庫の状況については未確認。

以上、引用終わり。


チッソ石油化学株式会社が劣化ウランを保管している事実は文部科学省のHPにもあります。下記は、2005年6月無届で劣化ウラン765kgを保管していることが判明し、調査が入った時の報告です。
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/news/trouble/1268967.htm


              ↓


02. 2011年5月27日 14:31:32: NEn0PWCF3E
核燃料棒製造や再処理で出てくるしろものだろう。
大宮には200トンもある。
水をかけると爆発するのだろ。
危なかった。


03. 2011年5月27日 14:32:20: zg1HQqJF1o
よく見つけられましたね。
いくら“劣化”されているとはいえ、ウランはウラン、重金属としての毒性もある上に、残留放射能による被ばくも問題になっています。そんな危険な物質がどこに保管されているのかわからないというのは不安ですね。



04. 2011年5月27日 15:40:56: hi40QvJQq6
自分、市原のすぐ近くに住んでいます。3月11日、爆発音がすごくて、丘にあがって、凄まじい光景を眺めていた。あたりが急に暗くなって、雨が降ってきた。自分はもろに、雨にあたってしまった。
4月の中頃から、ずっと耳鳴りがしてます。耳で鳴ってるというよりも、脳のなかでキーンと響いている感じです。劣化ウランのことは、噂で聞いてましたが、正直、すごく不安です。今、すごく後悔してます。



07. 2011年5月27日 17:28:03: iYN11BIBAc
コスモ石千葉油製油所の火災の鎮火は翌日ではなくて3月21日です。
http://www.cosmo-oil.co.jp/information/110321/index.html



10. 2011年5月27日 21:42:51: wxSjVVRZUU
普通に考えても製油所がぼーぼー燃えてる時の雨がいつもの雨と同じ訳がないのにすぐガセだ惑わされるなとツイッターなどで拡散が始まって
ガセだってよーって鵜呑みにする人がたくさんいたことに別の意味でもやばい匂いがした
いまもマスクせずに外を出歩いて喉が痛いだの腹下してるだのいう人多いもんね……





12. しょうがゆ 2011年5月28日 00:36:13: orhh3A6aZVTQ6 : g9g4PBeMFM
>5 首相官邸HPにある原子力災害対策本部による「平成23年度 東京電力(株)福島第一・第二原子力発電所事故(東日本大震災)について」のPDFの75ページ
○文部科学省のところを読んで下さい。
これでもデマだって言えますかね?
チッソ石油化学株式会社からの正式な発表は無いです。そりゃ知られたくないでしょうからね。この場合、追求されなければあえて言わないんじゃないですか・・・。チッソ石油化学株式会社は、劣化ウラン(劣化ウラン弾ではない)の入ったドラム缶が今回の地震でどうなったのか、きちんと説明すべきですけどね。通報したくらいですから、かなりやばい状況にあったのは明確です。

(チッソ石油化学の保管する劣化ウランは、昭和44年、合成ガスの製造用の触媒として使用し、その後使われなくなり、そのまま倉庫に保管されていると、文科省のHPに書いてあります。)>>7
この3月12日に鎮火と書いてあるのは、コスモ石油の火災ではなく、コスモ石油に隣接するチッソ石油化学内の火災鎮火のことです。チッソ石油化学にも、一部コスモの火が燃え移りました。>>6
全く同感です。
地震発生から数日間、福島原発事故とは別に、放射能の脅威にさらされていたということです。内部にいた人はあの大火災の中、かなり青ざめて事態を見守っていたのではないかと思われます。




22. 2011年6月17日 21:00:54: Q0FODPyIuU
FHVyh15Kso 様
 僕はこのメールが届いた時、「まるで放射性物質のとけ込んだ"黒い雨"から身を守る為の手段のようだ。」と、考えました。
 事実、福島で原発が事故を起こしていたのですから、いつ核汚染が起きてもおかしくない状況でのメールでしたので、僕は、きっと被曝を心配した誰かがパニックをあおらない様に"石油精製の汚染物質"と言葉を替えて伝えたかったんだろうと思い、噂は放置して広がるのに任せておきました。

 たとえ曲解してても、結果的に悪い方向へは向かう可能性が薄いと判断した為です。
 今考えると、大した害のないはずのデマに、何であんなにメディアや知識人と呼ばれる人々がこぞって否定していたのか、もっと考えるべきでしたね。


 僕は311のあの晩、電力が復旧してからずっと殆ど寝ずに(!)茨城の放射線テレメータと日野の数値をにらんでいて、15日に線量計の数値がはねあがるのを見て背筋が凍りました。

 しかし、DUによる核汚染の心配があるのなら、α線核種ですから、測定は難しいですね。
 α線用の検知管がないなら、他地域と比較して、γ測定器の数値とα、β、γを拾える測定器の数値に大きな開きがあれば、千葉だけに何らかの汚染が広がっている可能性が分かるかもしれません。

 あまり関係ないですが、僕がよく行くスーパーは、茨城と福島、千葉の牛乳、卵しか取り扱ってないんです。
 そこで、店長さんに北海道や長崎の牛乳をお願いしたら、対応は出来ないので、嫌なら豆乳を飲んで代用してくれと言われました・・。

 でも、その時店長さんは言ったんです。そのお店の茨城支店には、核の研究施設で働く消費者が多くて、そのお客さんから、茨城の産地以外のものを取り扱ってほしいって。その要望が多くて、茨城の支店では他産地のものを扱って、クレームのなかった他県の支店(つまりウチ)へ流してるんですって・・。
 店長さんも汚染の正確な情報がないから動けないけど、研究機関は何かを知ってるんじゃないかって言ってました。

 だから、千葉に研究機関があれば、そこが何らかの情報を持っている可能性があるのではないでしょうか?
 千葉にはあまり詳しくなくてすみません・・。

ブログ アーカイブ