このブログを検索

2016年2月14日日曜日

【福島県】「虫歯」がある6歳児の割合が65.5%(47都道府県で最多)

☆虫歯の6歳児が6割超 福島県、全国ワーストで緊急対策へ
(福島民友新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-00010003-minyu-l07

http://www.webcitation.org/6fHjlwmzw

県内の虫歯のある6歳児の割合が2014(平成26)年度は65.5%となり、47都道府県で最も多かったことが12日、分かった。全国平均の47.34%を18.16ポイント上回った。

(略)

データは、県が文部科学省の学校保健統計調査などを基にまとめ、福島市で同日開かれた県歯科保健対策協議会で示した。県内の虫歯のある6歳児の割合は減少傾向にあったが、13年度から増加に転じた。




《ヤブロコフ・ネステレンコ報告書(注:PDF)
http://www.tucradio.org/Yablokov_Chernobylbook.pdf
より》


投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 10 月 28 日
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/845.html


ヤブロコフ『チェルノブイリ』5.9「消化器系・内臓疾患」に書いてあることをまとめてみよう。
(略)
ストロンチウム90が骨芽細胞の前身となるものにベータ線を被爆させ、歯・骨の形成異常を起こすことに加えて、被爆によるホルモンの分泌異常によって歯・骨の成長に悪影響を及ぼしている(骨芽細胞と破骨細胞とのバランスが崩れ、破骨細胞の勢いが常に骨を作る骨芽細胞の勢いを凌駕してしまっており、これから体が成長してゆかねばならない乳幼児にとっては深刻な事態といえる)。



5.9.1 Belarus

(6) 1991-1993年にひどく汚染されたエリアの1033人の子供を検査したところ、有意に高い虫歯の疾病率と、歯のエナメル質の耐酸性の減退があった。


5.9.2 Ukraine

(3) 子供のときに被爆した母親から生まれた少女達において、早すぎる歯の萌出(歯が生えてくること)が観察された。

(4) 汚染エリアでは、1歳児の虫歯がよくみられた。



5.9.3 Russia

(1) 汚染エリアに住んでいる子供とティーンネイジャーは、虫歯が有意に多かった。

(2) Voronez州で1986年以降に生まれた子供達の間では、歯牙腫が増加した。腫瘍は、女の子でよりしばしば発見され、複雑な形態が常であった。

(3) 汚染エリアの子供には歯周病がよく見られ、破局後に生まれた子供でよく発生していた。

(4) 汚染エリアにおいて胎内で被爆した子供達は、歯の異常になりがちであった。

(5) ・・・破局前に生まれた236人の内、正常な歯列をしているのは32.6%であるのに対し、同じエリアで破局後に生まれた308人の内、正常な構造の歯をもっているのはたったの9.1%であった(表5.54)。

(15) 歯のエナメル質の病理学的な侵食が掃除人の間で見られた。

(16) 98人の掃除人のうち、98%が慢性歯周病にかかっていた―これは全国平均と比べてとても多い比率であった。

(17) 慢性カタル性の歯肉炎が、検査された98人の掃除人の18%にあった。



5.9.4 結論

チェルノブイリの放射能の結果として、消化器系の病気の発症率が増大したことは疑い得ない。Cs-137が容易に見つけられる汚染エリアでは、ストロンチウム90も付随していた―ストロンチウム90は、子宮内での成長の際に取り込まれ、歯と骨に沈着する。また、Sr-90は、ベータ崩壊してイットリウム90となるが、ベータ線は成長しつつある歯にとって有害である(そして、イットリウム90は、歯の統一的な健全性を弱める)。
 


当ブログのスピンオフ・ブログ「スピカ」

当ブログのスピンオフ・ブログ「飛び地A」

忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ

ロシアRT - Daily news

France 24 - International News

PressTV(イラン)

teleSURtv.net(南米)

Channel NewsAsia Front Page News(シンガポール)

TVC News(ナイジェリア)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)