このブログを検索

2013年2月13日水曜日

【緊迫】3人の福島の子供が甲状腺癌になったが「原発事故とは無関係」で押し切る見通し


[タグ]甲状腺癌。甲状腺ガン。鈴木真一。チェルノブイリ。山下俊一。鈴木眞一。菅谷昭。


☆福島、新たに2人が甲状腺がん 放射線による影響否定
(共同通信)

http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013021301001323.html

福島県立医大の鈴木真一教授は「甲状腺がんは最短で4~5年で発見というのがチェルノブイリの知見。今の調査はもともとあった甲状腺がんを把握している」と述べ、福島第1原発事故による放射線の影響を否定。



《しかし…》

▼ 東京新聞「チェルノブイリでは事故の“翌年から”小児甲状腺癌が増加」 

【9/27東京新聞24面】

「事故無関係」と即断する福島県立医大、チェルノブイリで甲状腺がんの治療に当たった医師の菅谷昭・松本市長は警鐘を鳴らす。

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2384.html

http://p.twpl.jp/show/orig/pEedP

http://photozou.jp/photo/show/159841/154598413

http://p.twipple.jp/pEedP




▼ 「原発事故から甲状腺癌の発病まで最短4年」説を覆す資料(統計)

図2.1.3にある、チェルノブイリの最も汚染された地域(Contaminated territories)では、事故の翌年1987年から顕著に「甲状腺ガンの増加」が認められる。

(注:PDF)
http://www.greenpeace.org/international/Global/international/planet-2/report/2006/4/chernobylhealthreport.pdf#page=40



▼ 国連報告書ではチェルノブイリ事故の翌年から子供の甲状腺癌が増加

国連科学委員会2000年報告
http://www.enup2.jp/newpage6.html




▼ チェルノブイリ事故の翌年にベラルーシで子供4人が「甲状腺癌」発病

243 名前:地震雷火事名無し(西日本)
投稿日:2012/09/12(水) 16:26:59.45 ID:jVshaUE20

平成12年2月29日 長崎大学「山下俊一氏」によるチェルノブイリ原発事故後の健康問題によるとベラルーシではチェルノブイリ事故前は子供の甲状腺癌は年に1人程度であったのがチェルノブイリ事故の翌年に4人の発病が報告された
2年目は3人、3年目は5人、4年目で15人、5年目で47人と急増した
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/bunka5/siryo5/siryo42.htm

だれだよ
最低でも4年目からって言った奴



☆甲状腺がん1人確認 福島医大「放射線の影響ない」
(2012/9/12   福島民報)

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/09/post_4998.html

http://archive.is/QfbNn

鈴木教授らによると、子どもの甲状腺がんの頻度は100万人に1~2人といわれるが、



☆福島の子供に甲状腺がん!甲状腺がんの発症率との比較!子供の発症率は100万人に1人!
(2012年9月12日の「正しい情報を探すブログ」)

http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11352725679.html



602 名前:地震雷火事名無し(WiMAX)
投稿日:2013/02/13(水) 15:40:15.83 ID:N1byRzMA0
ガンの自然発生率
甲状腺ガンの発生率
http://www.enup2.jp/newpage3.html



《おまけ》

694 名前:地震雷火事名無し(やわらか銀行)
投稿日:2012/11/18(日) 11:09:49.88 ID:ZF6QWHCz0

■鈴木眞一教授、トリミングによる内容改竄はあきらかですよ
(鈴木眞一氏による「甲状腺腫瘍診療ガイドライン2010年版」トリミング改竄の詳細について)

http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2898933/

甲状腺腫瘍診療ガイドライン2010年版

CQ 2:小児甲状腺癌あるいは小児濾胞癌は成人例に比較して予後に差異が存在するか?

アンサー(推奨グレードB):小児甲状腺癌は成人と比較して長期の生命予後は良好である。
その中で小児乳頭癌は診断時に進行した癌であるようにみえても,適切な治療によって良好な長期の生命予後が得られる。小児濾胞癌は報告例が極めて少ないが,予後は良好と考えられる。


【背景・目的】

ここでの甲状腺癌とは、X 線照射後・チェルノブイリ原発事故後の甲状腺癌・特別な遺伝性疾患 による小児期の甲状腺癌は除くことにする。

http://jsco-cpg.jp/guideline/20.html#01

このCQ 2のグレードBアンサーを、鈴木眞一氏は【背景・目的】に書かれた除外対象を伏せて引用。

多くの被曝による甲状腺異常についての講演会で、「小児甲状腺癌は成人と比較して、適切な治療によって良好な長期の生命予後が得られる」と詐称しています。その一例の映像はこちら13分00秒からです。

http://www.ustream.tv/recorded/24230965

トリミング改竄資料の一例はこちら9ページ目です。
(注:PDF)
http://www.env.go.jp/jishin/rmp/conf-health/b02-mat02.pdf




▼〔チェルノブイリ〕小児甲状腺癌の95%は悪性度が高い転移性の癌?


319 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2012/10/20(土) 20:36:49.51 ID:vNZLFYu60

95年の読売新聞の記事だが、「チェルノブイリの小児甲状腺癌の95%は悪性度が高く、転移性のガン」という記事がある

「ジュネーブで開かれていたWHO主催の『チェルノブイリおよびそのほかの放射線事故の県境影響に関する国際会議』は23日、ウクライナ、ベラルーシ、ロシアで最近急増している子供の甲状腺がんは、9年前に起きたチェルノブイリ原発事故が原因とする結論をまとめ、8日間の日程を終えた。WHOによると、3か国では事故が起きた1986年から94年までに計556人の子供が甲状腺がんになった。その95%以上は転移しやすい悪性のタイプで、ベラルーシの汚染地域では発病率が事故前の約100倍に達している」
(読売新聞1995年11月24日)


御用機関WHOでさえも、小児甲状腺癌の悪性度を認めている
福島の親御さんには知って欲しい



321 名前:地震雷火事名無し(東京都)
投稿日:2012/10/20(土) 21:06:55.28 ID:n9Mq3XwF0
読売ってそんな記事書いといて今はしれっと知らんぷりか
もう新聞に信頼おけないから、購読辞めようかしら。



320 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2012/10/20(土) 20:50:47.77 ID:vNZLFYu60

さらに、菅谷昭・松本市長の「チェルノブイリ診療記」によれば、甲状腺ガンに患った子供の内、約6分の1に肺ガンへの転移が認められた、とのこと
http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51967140.html

つまり、子供が甲状腺癌になると、ほとんど全員がリンパ節や他部位に転移しており、20%ぐらいは肺に転移していることになる。

大人でさえ肺癌という診断には耐えられない。まして子供にその苦しみを背負わせていいわけがない


やきとりのいない八月

飛び地A

ブログ アーカイブ

France 24

PressTV (イラン)

teleSURtv.net(南米)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)