このブログを検索

2016年10月26日水曜日

【衆院選】民進党の江田憲司・代表代行が共産党との政策協定に反対

☆共産との政策協定に反対=民進・江田氏
(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-00000082-jij-pol

http://archive.is/9vAvK

民進党の江田憲司代表代行は26日の記者会見で、次期衆院選の野党共闘強化に向け共産党が政策協定の締結を求めていることについて、「意味が分からない。共産党とわれわれは政治理念も基本政策も違う。共通政策はない」と述べ、反対を表明した。




《イタリアのケース》

☆エンリコ・ベルリンゲル~歴史的妥協政策

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AB#.E6.AD.B4.E5.8F.B2.E7.9A.84.E5.A6.A5.E5.8D.94.E6.94.BF.E7.AD.96

書記長就任後間もない1973年10月には、当時のイタリアの与党であり、共産主義がその存在を否定するキリスト教を教条とするキリスト教民主主義との協力路線を打ち出し、「歴史的妥協政策」による連立政権の樹立を図る事となる。

その後イタリア共産党は得票数を伸ばし、中央政界から地方に至るまで躍進する原動力となったものの、冷戦下のイタリアにおいてカトリック教会から労働組合、さらに、ユーゴスラビアなどの社会主義国と隣接するイタリアにおける「容共政権」の成立を嫌ったアメリカ合衆国の意を受けた右派に至るまで様々な勢力による思惑、利権が入り混じったことから結局成功しなかった。




《ティム・ワイナー著「CIA秘録」を読んだ人の感想》

http://blogs.yahoo.co.jp/oyosyoka803/40237927.html

「CIA秘録(下)」に戻る。この本にはCIAが西側の様々な新聞やマスコミに働きかけている様子が書かれている。チリ・クーデターで言えば、

「・・フィリップス(CIAブラジル支局長)は国際世論をあおるために23人の外国人記者に金を渡していた。『タイム』誌の特集に猛烈な反アジェンデ記事を書かせたのは、フィリップスとCIAの同僚たちだった」
(「CIA秘録(下)」p.96)。

「エドワーズはチリの銅山の大部分と最大の新聞である『エル・メルクリオ』、それにペプシ・コーラのボトリング工場を所有していた。・・エドワーズと『エル・メルクリオ』紙、そして両者によるアジェンデ反対キャンペーンのために、CIAは総額195万ドルを直接引き渡した」
(同p.93)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
CIA秘録(下) [ ティム・ワイナー ]
価格:1131円(税込、送料無料) (2016/10/26時点)

当ブログのスピンオフ・ブログ「スピカ」

当ブログのスピンオフ・ブログ「飛び地A」

忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ

ロシアRT - Daily news

France 24 - International News

PressTV(イラン)

teleSURtv.net(南米)

Channel NewsAsia Front Page News(シンガポール)

TVC News(ナイジェリア)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)