このブログを検索

2016年10月26日水曜日

〔民進党〕阿修羅掲示板の論客「蓮舫と野田は即刻退陣し、小沢一郎を党首として迎えよ!」

蓮舫党首と野田幹事長は即刻退陣せよ 小沢一郎を党首として迎えよ!
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/918.html
投稿者 アウトサイダー 日時 2016 年 10 月 26 日 18:00



先の新潟県知事選挙と補欠選挙で、民進党は政党の体をなさない失態を演じた。旧民主党は国民との公約を破り、二度と這い上がれないほどに落ちてしまった。ところが、今度は共産党と他の野党が共闘をするという二度とない絶好の機会が訪れている。にもかかわらず、野党共闘を徹底して行わないとは、本当に政権交代を行う気があるのかといいたい。

はっきりと言えば蓮舫党首に野田幹事長では役不足だ。国民の誰がこの人物達に政権を任せてもいいと思うのか。蓮舫には政治理念が全く感じられず、実行力も乏しい。民進党は目先の人気稼ぎに蓮舫を党首に担いだのなら即刻退陣さすべきだ。底の浅さを自民党に見抜かれている。

自民党は今の最大野党の民進党の足元をみて、近々の解散選挙を唱えている。安部(原文ママ)・麻生・二階の面々は、憎たらしいほどに強力だ。

これら巨大権力者に立ち向かうには、野党が足並みを揃えて共闘することしかない。それに、最大野党の民進党が足を引っ張るようでは、勝てる選挙も勝てない。

野田は幹事長就任時に「落とし前をつける」といったが、先の旧民主党の大敗北を反省しているのだろうか。国民との公約を破ったことの反省をまだ表明していないではないか。政治家の言葉は命よりも重い。有権者を欺くようでは、政権交代を担うことはできない。

前原誠司は旧民主党政権時代の失敗について謝罪を繰り返したことは評価できる。しかし、単なる人気稼ぎの蓮舫に選挙で負けるようでは、やはりまだ実力が劣る。

民進党内に人材がいないというならば、政界の長老にして実力№1の小沢一郎を党首に迎えればいいではないか。小沢一郎ならば、国民は総理大臣を任せられるからだ。

安部(原文ママ)・麻生・二階の布陣に勝つには、小沢一郎を党首に共産党と野党共闘を行うしかない。

かつて菅直人民主党党首が小沢自由党党首の合併を決定した時には、政権交代への大きな弾みとなった。

小沢一郎とその同志たちには国民の生活を守ると言って旧民主党を離党した政治信念がある。民進党が旧民主党時代を反省しているのならば、かつての同志たちと一緒になれるはずだ。

野田幹事長は「落とし前をつける」というのならば、頭を下げて何がなんでも小沢議員の復党をお願いするべきだ。それができないならば、我々有権者が蓮舫と野田に「落とし前をつけ」よう。

当ブログのスピンオフ・ブログ「スピカ」

当ブログのスピンオフ・ブログ「飛び地A」

忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ

ロシアRT - Daily news

France 24 - International News

PressTV(イラン)

teleSURtv.net(南米)

Channel NewsAsia Front Page News(シンガポール)

TVC News(ナイジェリア)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)