このブログを検索

2015年12月30日水曜日

福島県では男性の2人に1人、女性の3人に1人が「肥満」傾向

☆男性半数「肥満傾向」 福島県内40~74歳特定健診結果
(福島民報)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151229-00000022-fminpo-l07

http://www.webcitation.org/6e9elBsja

福島県保険者協議会は平成25年度の特定健診結果をまとめた。受診した男性の2人に1人が肥満傾向であることが分かった。

(略)

相双といわき地区の割合が高い。女性は3人に1人が肥満傾向。相双といわき、県南、南会津での割合が高い。

                ↓


395 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2015/12/30(水) 12:05:50.81 ID:wxTTpA0D.net

「平成25年国民健康・栄養調査報告」の「第90 表 肥満及び低体重(やせ)の者の割合の年次推移」によれば、日本人の40-69歳の男女における肥満率は、それぞれ、31.2%と19.6%である。

70歳以上では、それぞれ、27.6%と27.1%である。

(注:PDF)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/dl/h25-houkoku-07.pdf

福島県の男性における肥満傾向は明らかに高いと言える。
女性に関しても、平均より高い傾向は見て取れる。




396 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2015/12/30(水) 12:08:11.18 ID:wxTTpA0D.net

チェルノブイリ原発事故の除染作業員において、放射線被曝によりホルモン分泌系は、ダメージを受け、分泌量に変化が生じた。ホルモンのバランスが回復した後でも、最初のダメージは症状として残った。
その中の一つが肥満である。


(注:以下の文章をグーグル検索すれば、すぐにヒットする)
>At the same time more than 52% of those examined still had an increased frequency of occurrence of autoimmune
endocrine diseases including thyroiditis, diabetes mellitus, and obesity (Tron’ko et al.,1995).

上記トロンコ教授の論文でも、obesity(肥満)がチェルノブイリにおける被曝症状の一つに入っている。
自律系内分泌障害(甲状腺機能低下症、糖尿病など)に含まれている。




397 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2015/12/30(水) 12:17:05.75 ID:wxTTpA0D.net

チェルノブイリ事故後の北部ウクライナでも内分泌系疾患は急増しています。

https://twitter.com/cyborg0012/status/452463056035913729/photo/1

10万人当たりの内分泌系疾患数(endoctorinal system)

1987年=631人

1988年=438人

1989年=886人

1990年=1,008人

1991年=4,550

1992年=16,304人

とくに、1991~1992年あたりからの急増は目を見張るものがあります。
これでは福島でも肥満が増えるわけです。



398 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2015/12/30(水) 12:28:41.70 ID:wxTTpA0D.net

福島で男性の半数、女性の3分の1が肥満というのは異常です。
たかが肥満と考える人もいるだろうが、肥満は様々な病気の原因になりますので、とても重要な健康指標です。


須賀川市で10人中6人の子供が糖尿病だった

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2012051602100005.html

(キャッシュ)
https://web.archive.org/web/20151230054601/http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2012051602100005.html

というのは、その端的な例でしょう。


これ、しっかり症例把握をして、早期介入を行政が行わないと、将来、大変な責任問題に発展しますよ。

何度も行ってますが。




389 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2015/12/30(水) 11:19:48.14 ID:wxTTpA0D.net

福島原発事故と子供の肥満率については、大阪大学の研究者の論文があります(2015年)。

(注:PDF)
http://www.iser.osaka-u.ac.jp/library/dp/2015/DP0941.pdf


この論文は、原発事故による人体の全体影響(MBMI=body mass index)を調査したものであり、とくに子供の肥満率に焦点を当てています。

福島県、岩手県、宮城県の子供と他45都道府県の子供の2010~2014年までの肥満率(文科省の学校検診データ)と比較し、2011年以降、上記三県の省に肥満率が他県よりも急増していると分析しています。

とくに、5~7才では事故後3年たっても肥満率が急増し続け、歯止めがかからない状況です。
年々増加傾向にあると分析しています
(以下図)
https://twitter.com/cyborg0012/status/682020208509255680




390 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2015/12/30(水) 11:22:50.03 ID:wxTTpA0D.net

(引用)
Overweight children are thought to face a higher risk of developing various diseases in the future.
Accordingly, there is the possibility that the Fukushima accident has indirectly
influenced residents’ health status because of obesity.

(訳)
体重過多の子供は、将来的に様々な病気にかかる高いリスクをもっていると考えられる。
したがって、福島原発事故は肥満による住民の健康状況に間接的な影響を与える可能性をもっている。




391 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2015/12/30(水) 11:26:21.67 ID:wxTTpA0D.net

この論文、福島などの子供の肥満率の上昇を、「外で遊べずに、カロリー消費の効率性が落ちた」とお決まりの結論で締めくくっています。

These findings suggest that restrictions placed on outdoor exercise as a result of the nuclear accident in Fukushima prevented younger children from burning calories. Thus, a habit of inactivity was formed, leading to a persistent increase in BMI.

「外で遊べないため」、「外で遊べないため」、「外で遊べないため」という呪文を唱えないと論文を書けず、掲載もされないという悲しい現実がかいま見えます。

それでも、原発事故と省に肥満率の症状のあいだの「間接的な因果関係」を認めた論文でもあり、重要なものです。



392 名前:地震雷火事名無し(栃木県)
投稿日:2015/12/30(水) 11:26:48.33 ID:cHI3tMd1.net
ストロンチウムがイットリムになって膵臓やられてんのかな




▼元スレ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/lifeline/1449789727/



当ブログのスピンオフ・ブログ「スピカ」

当ブログのスピンオフ・ブログ「飛び地A」

忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ

ロシアRT - Daily news

France 24 - International News

PressTV(イラン)

teleSURtv.net(南米)

Channel NewsAsia Front Page News(シンガポール)

TVC News(ナイジェリア)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)