このブログを検索

2015年4月10日金曜日

NHK「福島県では急性心筋梗塞による死亡率が男女ともに全国で最も高くなっている」

☆従業員の健康を守れ! (NHK福島放送局)

http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053835191.html

https://web.archive.org/web/20150410121500/http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053835191.html

福島県では、高血圧などふだんの生活習慣に起因する急性心筋梗塞による死亡率が、男女ともに全国で最も高くなっていることなどから、全国健康保険協会福島支部は、事業所などと連携して、加入者の健康を守る取り組みを始めることになりました。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


☆『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響~チェルノブイリの教訓~セシウム137による内臓の病変と対策 』
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/907.html
投稿者 mainau 日時 2011 年 10 月 31 日


セシウムの平均蓄積量30.32±0.66Bq/kg にあるゴメリの三歳から七歳の子供は蓄積量と心電図に比例関係があった。

チェルノブイリ事故後のゴメリ州住民の突然死!の99%に心筋不調があった。持続性の心臓血管病では、心臓域のセシウム137の濃度は高く、136±33.1Bq/kg
となっていた。

ミンスクの子供は20Bq/kg 以上のセシウム137濃度を持ち、85%が心電図に病理変化を記録している。

ミンスクの子供で、まれに体内放射能が認められない場合もあるが、その25%に心電図変化がある。このように濃度が低くても、心筋に重大な代謝変化!!!を起こすのに十分である。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


《セシウム137》


バンダジェフスキーの予習25:

Cs137は血管壁の抗血栓活性を減弱させ、止血系である血小板や凝固・線溶系の活性を促進するなど、血管中の血液凝固過程を亢進させる。

←  要は血栓ができやすくなり、心筋梗塞、脳梗塞など起こしやすくなるということ。

https://twitter.com/squirrel6406/status/176198097699999745


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


低線量被曝で「血栓」が形成されるのではないかとの医学論文(英文)

                 ↓

A Model of Cardiovascular Disease Giving a Plausible Mechanism for the Effect of Fractionated Low-Dose Ionizing Radiation Exposure

http://www.ploscompbiol.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pcbi.1000539



やきとりのいない八月(当ブログの後継ブログ)

飛び地A(当ブログのスピンオフ・ブログ)

ブログ アーカイブ

PressTV (イラン)

telesurenglish.net(南米)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)