このブログを検索

2014年2月3日月曜日

産経新聞情勢調査では宇都宮健児候補から細川護煕候補への「脱原発票の移動(シフト)」が顕著である。

☆猪瀬氏の434万票、半数以上が舛添氏か 世論調査分析
(産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140202/elc14020223040013-n1.htm

http://www.peeep.us/7eca6f14

一方、宇都宮氏は前回選にも立候補したが、前回宇都宮氏に入れた人のうち、今回も投票するとしたのは55・7%。18・2%が細川氏、14・8%が舛添氏に投票すると答えており、脱原発を掲げた細川氏に支持が流れたかたちだ。

やきとりのいない八月

飛び地A

ブログ アーカイブ

France 24

PressTV (イラン)

teleSURtv.net(南米)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)