このブログを検索

2013年12月26日木曜日

〔安部首相靖国参拝〕石破茂幹事長は「日本でしか通用しない価値観」を外国に押し付ける意向

☆公明代表、首相靖国参拝に強い不快感 (日刊スポーツ)

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20131226-1236209.html

https://web.archive.org/web/20131226065755/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20131226-1236209.html

石破氏は党本部で記者団に「国のために殉じた方々に尊崇の念を表すとの首相の真意を分かっていただければ、外交問題への発展を避けることは可能だ。中国、韓国にも首相の思いを理解していただき、冷静な対応を期待したい」と党本部で記者団に語った。




《日本のローカルルールを海外に輸出して大失敗した例》

☆盟神探湯

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%9F%E7%A5%9E%E6%8E%A2%E6%B9%AF#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E6.9B.B8.E7.B4.80.E3.81.AE.E8.A8.98.E9.8C.B2

継体天皇24年9月条には、倭国から任那に派遣された近江臣毛野の下に任那人と倭人の間に子供の帰属を巡る争いが発生した際、裁定が出来なかった毛野が「誓湯」すなわち盟神探湯によって判断を下そうとしたところ、火傷を負って死ぬ者が多かったとされる。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%9F%E7%A5%9E%E6%8E%A2%E6%B9%AF#.E6.84.8F.E7.BE.A9

前述の通り、継体天皇24年9月条に行われた盟神探湯では、任那人が多数死んでおり、神明裁判として機能しなかった。倭人と共通する宗教観を持たない任那人には、前記の事情が理解されず、真犯人であるなしにかかわらず熱湯に手を入れ、犠牲者を出したというのが実情であったと考えられている。

ブログ アーカイブ