このブログを検索

2016年3月16日水曜日

【ベネズエラ】ウゴ・チャベス前大統領の側近が米国CIAに内通していた疑惑

☆チャベス殺害。CIAと麻薬取締局は自分たちの痕跡を隠蔽
(マスコミに載らない海外記事)

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/cia-9518.html

http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/862.html

“数年間、彼の側近の一人で、彼と二人だけになる機会が多く、彼に食べ物、コーヒーや水を運んだ一人の人物が現在、アメリカ合州国で保護されている証人であるということを知るだけで十分だ。間もなく、レムシー サラサールの隠密行動と、ワシントンの諜報機関との密接な協力が暴露されるだろう”。




《考察~抹殺したい人物を「銃弾」ではなく「癌を発病させる」方法で暗殺することは可能かどうか?》

☆中南米首脳にがん続発はCIAの陰謀か?
(日刊ゲンダイ)

http://www.asyura2.com/12/warb10/msg/765.html

特に近年、中南米左派政権指導者にがんが続発している事実が指摘されるだろう。

過去3年間で、ブラジルのルラ前大統領(喉頭がん)、ルセフ現大統領(リンパ腺がん)、ルゴ前パラグアイ大統領(リンパ腫)、反米ではないがサントス・コロンビア大統領(前立腺がん)に続き、チャベス氏に骨盤がんが発見された。

チャベス氏はこのようながんの連続について、「確率から言っても非常に奇妙だ。米国ががんに感染させる秘密の技術を開発したと知って驚くだろうか」と陰謀論に言及したことがある。



☆Assassinations By Induced Heart Attack And Cancer
(Veterans Today)

http://www.veteranstoday.com/2011/08/07/assassinations-by-induced-heart-attack-and-cancer/

Can you give a person cancer? If cancer in animals can be caused by
injecting them with cancer viruses and bacteria, it would certainly be
possible to do the same with human beings! In 1931, Cornelius Rhoads,
a pathologist from the Rockefeller Institute for Medical Research,
purposely infects human test subjects in Puerto Rico with cancer
cells; 13 of them died.

当ブログのスピンオフ・ブログ「スピカ」

当ブログのスピンオフ・ブログ「飛び地A」

忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ

ロシアRT - Daily news

France 24 - International News

PressTV(イラン)

teleSURtv.net(南米)

Channel NewsAsia Front Page News(シンガポール)

TVC News(ナイジェリア)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)