このブログを検索

2012年10月3日水曜日

福島県と福島医大が「子供専用の集中治療室(ICU)」を開設するが


☆「子どもICU」初設置 福島医大、整備の医療センターに
(福島民友)

http://www.minyu-net.com/news/news/1003/news1.html

http://www.peeep.us/537bea07 

県と福島医大は、同大に小児医療の拠点として整備する「こども医療センター(仮称)」に、子ども専用の集中治療室(ICU)を県内で初めて設置し、専門医の確保と、救命を含めた小児医療の高度化を図る方針を固めた。




《福島県と福島医大の不審な動き》

☆10月にも福島に研究拠点 抗がん剤開発 
(9月30日の福島民報)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120930-00000023-fminpo-l07

http://www.webcitation.org/6B3dM4XNs

東京電力福島第1原発事故を受け、福島県と福島医大が取り組む創薬研究事業の全容が29日、明らかになった。

(略)

研究を急ぐため、福島市中心市街地にある民間ビルに暫定の拠点を設ける。



★記事には「東京電力福島第1原発事故を受け」と書いてある。原発事故による健康への影響はないと言っているのに、なぜ原発事故が起こったからといって抗ガン剤を研究する必要があるのか?

★記事には「研究を急ぐため」とあるが、なぜ研究を急ぐ必要があるのか?


やきとりのいない八月(当ブログの後継ブログ)

飛び地A(当ブログのスピンオフ・ブログ)

ブログ アーカイブ

PressTV (イラン)

telesurenglish.net(南米)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)